Homeカーペットの掃除と取替え

ページトップへ

カーペットの手入れと掃除メニュー

カーペット掃除の基本

カーペットの普段の掃除では、掃除機を使って掃除することが多いです。しかしカーペットの中に入り込んだほこりやごみは掃除機だけでは吸い取ることが出来ない時もあります。

そんなときは、ナイロンのタワシを使います。ナイロンのタワシでカーペットをブラッシングするようにして、ごみをかき出してやれば、簡単に掃除機で吸い取る事ができます。

カーペットの念入り掃除は重曹で

カーぺットの汚れがひどくなってきた時は、粉末のカーペット清掃剤の代わりに重曹が使えます。

カーペット全体に重曹をふりかけ、ゴム手袋をはめて、カーペット全体をこすってやります。そして1時間以上放置し、念入りに掃除機をかけてやります。きれいになるだけでなく、重曹の消臭効果で、嫌な臭いもとれますので、一石二鳥です。

カーペットのへこみを直す方法

家具やテレビなど、長期間、同じ場所に置いていると、カーペットがへこんでしまうことが、よくあります。そんなへこみを直すには、アイロンを使用します。

カーペットのへこみ部分にスチームアイロンをあて、蒸しますそうすると、へこんだ部分が膨らんできます。また、あらかじめ洗濯用の柔軟材を水で薄め、スプレーしておくと、効果的です。

カーペットの目を立てる方法

同じカーペットでもカーペット出入り口の廻りや、よく上にのる事の多い部分は、端の方よりも、カーペットの目がたおれてしまうことが多いです。

そんな時は、洗濯用の柔軟剤を使います。20倍ぐらいに薄めた、柔軟材をカーペットの目のたおれた部分全体にスプレーし、ブラシで目を立てるようにといでいきます。ドライヤーを当てながら、といでいくと効果的です。

カーペットの焼け焦げを直す方法

焦げ部分をはさみでカットします。カットした部分が少ない場合、目立たなくするために、廻りの毛をカットした部分に寄せてくるように、ならします。カットした部分が多い場合同色の毛糸を適当な長さに切り、木工用ボンドで貼り付けます。

カーペットの日焼け防止

日当たりの良い部屋のカーペットは、日焼けで変色してしまいます。少しでも変色を予防するには、掃除をする時、カーペットの毛先が窓の方向に向くように掃除機をかけてやりましょう。

カーペットの染みを防止する方法

新しく買ってきたカーペットやじゅうたんはいつまでもきれいなままで使いたいものです。

そこで、真新しい時に、防水スプレーで、しみや食べこぼしなどの、汚れから守ることができます。また防水スプレーの効果がきれる前に、さらに上塗りするのがこつです。
強靭な撥水皮膜を形成し、汚れやカビからカーペットを守ります。

へばりついたガムを取る裏技

カーぺットにガムがへばりついた時は、で冷やして固めてから取り除きます。
ビニール袋に氷を入れてガムの上に当て、冷やしてやれば固まります、簡単に剥す事ができます。

ページトップへ

◆サービスエリア
    東京都大田区、東京都品川区、東京都渋谷区、東京都新宿区、東京都杉並区、東京都世田谷区、
    東京都中央区、東京都千代田区、東京都中野区、東京都文京区、東京都港区、東京都目黒区
有限会社博英社                                      >>お問い合せはこちら>>
場所:東京都千代田区須田町1−18−6 第一谷ビル1階
電話:03-3253-2532 FAX:03-3253-2586
Mail: hakueisha@pure.ocn.ne.jp   URL http://hakueisha.web.fc2.com/
Copyright (C) 有限会社 博英社 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system